多摩川キャンドルナイト 灯と人

小田急線「和泉多摩川」 多摩川敷に作り出すキャンドルスケープ。人と人が繋がる思いを届けるイベント

第6回トップ画像2

HOME ≫ 第6回 Report

第6回 2015年11月7日開催予定 → 無事に終了しました!

第6回 多摩川キャンドルナイト灯と人
「やっぱり多摩川が好き」は無事に終章することができました。

第6回その2
第6回 多摩川キャンドルナイト灯と人
「やっぱり多摩川が好き」
は無事に終章することができました。
ご来場の皆様、ご出演の皆様、お手伝いいただいた皆様、
本当にありがとうございました!!

第6回「やっぱり多摩川が好き」フォトギャラリー

  • 第6回その2

    第6回キャンドルスケープその1(Kazuhiro Satoさん撮影)

  • 第6回その1

    第6回キャンドルスケープその2(Kazuhiro Satoさん撮影)

  • 第6回その5

    第6回キャンドルスケープその3(Kazuhiro Satoさん撮影)

  • UQiYOさんのライブ時の写真(Kazuhiro Satoさん撮影)

    第6回キャンドルスケープその4(Kazuhiro Satoさん撮影)UQiYOさんの演奏中の写真

  • 第6回その6

    第6回キャンドルスケープその5(Kazuhiro Satoさん撮影)

  • 第6回その3

    第6回キャンドルスケープその6(Goose Heartさん撮影)

  • 第6回、ペットボトルのホルダーたち

    第6回キャンドルスケープその7(Kazuhiro Satoさん撮影)密集させたペットボトルのキャンドルホルダー

  • 第6回その4

    第6回キャンドルスケープその8(Goose Heart さん撮影)

第6回「やっぱり多摩川が好き」
2015年11月7日(土)17:00〜20:00


多摩川キャンドルナイト灯と人
第6回「やっぱり多摩川が好き」
2015年11月7日(土)17:00〜20:00
小田急線「和泉多摩川駅」より徒歩6分ほどの河川敷広場

Music : turu , UQiYO , 中村千尋 , huenica (フエニカ)
Design Candle : KAME CANDLE , and more...
Decorator:彩之
Tea Cup Candle & Candle Holder : Kameyama Candle House


多摩川キャンドルナイト「灯と人」は、
100万人のキャンドルナイト
( http://www.candle-night.org/jp/ )が呼びかける
 「夏至・冬至、夜8時から10時の2時間、
  みんなでいっせいにでんきを消しましょう。」
という意志を尊重した緩やかなイベントです。


1000〜1500個のキャンドルで
自転車道が走る土手の上から見たときに大きな地上絵に
なっているようにキャンドルを並べながら
Artistさんにスローなライブも行っていただきます

そもそも思い返すと、

2013年は台風直撃により中止、
2014年は河川敷工事により未企画となり
無事に開催となれば3年ぶりの多摩川開催となります。
初心に返ったような気持ちで
「皆様が
愛する多摩川で、皆様に新しい出会いが生まれますように」
そんなことを願いながら企画する回にしていきたいと思います。
よろしくお願い致します。


<諸注意>
・雨天時:雨天時は中止となります。
当日午前中までにHPやFacebookページでお知らせ致します。

・11月に入り寒くなってきました。
音楽を楽しみにご来場されるお客様は厚着をして、
また予備の上着もお持ちになってご来場下さい。

・芝生のエリアですが、ときたま小さな石も転がっています。
歩き易い靴でご来場下さい。(ヒールでのご来場は控えて下さい)

・河川工事後、岸の段差が1mちかい高さになっています。
広場の南西側に蓄高テープを散りばめた立入禁止のロープを
張りますので、それ以上は川側に近付かないようにお願いします。

・いかなる怪我・事故につきましても当イベントは
フリーイベントですので一切の責任を負いません。
自己責任でお願い致します。

・本イベントは飲食物の販売はございませんので、
タンブラーなどで暖かい飲み物などを持ち込んでいただければ
と思います。もしゴミが出た場合ですが、
多摩川キャンドルナイトは環境イベントでもありますので、
お持ち帰りを心がけていただければ幸いです。

・トイレは地図上の★マークの場所になります。また、
ファミリーマートさんやBLUE TAMAGAWAさん、
和泉多摩川駅さんでもお借りできますが、
正式なご協力ではございませんので
お買い物や入場券購入をしながらご利用をお願いします。



10月16日 【音楽】huenica さんのご出演のお知らせ

huenica

男女の混声ユニットの「huenica」さんにオープニングで演奏していただきます。huenicaさんは2人の見てきた景色をアコースティック楽器を主軸として演奏する混声ユニットです。
ピアノやピアニカや木琴など様々な鍵盤楽器を駆使する伊藤サチコさんに榎本聖貴さんの綺麗なギターの音色が加わり、いちどアクトが始まるとその独特なノスタルジックな世界観にすぐに引き込まれてしまいます。
もともと経験があったお2人なのでびっくりするほどの演奏力に、イベントのオープニングから皆様びっくりされると思いますよ。

 

<プロフィール紹介>
huenica(フエニカ)
HP: http://huenica.com/
YouTube: https://www.youtube.com/watch?v=yCOq0c2KH5Q
 
榎本聖貴(ex.LOST IN TIME)と、
シンガーソングライター伊藤サチコによる混声男女ユニット。
それぞれメジャー、インディーズで十数年の音楽活動を経て
理想の制作の仕方、伝え方を実践できる場所として2012年結成。
2人が旅で見てきた様々な景色を音楽に変え、
アコースティック楽器と透明なハーモニーを満載した1stアルバム
『あざやかなとうめい』を2014/4/9リリース。
ジャケットは日本を代表する絵本作家の荒井良二が担当。


10月7日 【音楽】中村千尋 さんのご出演のお知らせ

中村千尋さんの横長の写真2

ふわりとした歌い方に華やかな声が載せられ、独特の空気感を作り出す中村千尋さんにご出演いただきます。不思議なノスタルジー感と過度に作り込まれていないシンプルさがどうにも表現しがたい少女性を醸し出していて、中村千尋さんは絶対多摩川が似合うと思うんですよね。
若いリスナーに支持されるそうなアップテンポな曲からボサノバ調の曲までのバリエーションに富んだ楽曲群の中から、多摩川とキャンドルスケープを背にどんな曲をどんな形で表現していただけるのかすごく楽しみな今日この頃です。
  
<プロフィール紹介>

中村千尋
HP: http://nakamurachihiro.com
YouTube: http://youtu.be/KMhzdwKzPjQ

6月15日生 B型 熊本生まれ

■活動略歴
2008年12月 アコースティックユニットたらりらんを結成
2009年1月 新宿にて初ライブ
2009年11月 たらりらんをバンド化する。
2010年9月 初の自主企画ライブ、「たらりらんと愉快な仲間たちvol.1」を大成功させる。
2010年11月 SONY×LOTTEの「歌のあるガム」プロジェクトにて6000組の中からファイナリスト5組に選ばれる。
2011年6月 3曲入りCD、たらりらん ふぁーすと発売。
2011年8月 初のワンマンライブ、たらりらんワンマンライブを大成功させる。
2013年4月 ソロ活動に専念するためバンド活動休止。都内で精力的にライブ活動中。
2013年10月 弾き語りワンコインCD「さよならハリネズミ」発売。
2014年5月 弾き語りワンコインCD「おもて」、「うら」同時発売。全国路上ライブツアー決行。
2014年10月 1st アルバム「どーも中村です」発売。
2015年7月 2nd アルバム「雨、上がれば」発売。


9月30日 【音楽】UQiYO さんのアコーステックセットでのご出演のお知らせ

UQiYOさんの写真(正方形)
台風により野外中止となった第5回から念願だった「UQiYO」さんに出ていただけることになりました。今回は特別アコースティックセットでご出演。果たして、あのキラキラした音楽がアコースティックではどのようになるのでしょう?? アコースティックでは「あの曲」はできるの?とか、河川敷の芝生ってことはあの曲でしょ?!とかそんな思い思いの想像を膨らませてお待ちいただければと思います。
 
 
<プロフィール紹介>
UQiYO
HP: http://uqiyo.com
YouTube: http://youtu.be/pErZUu7j_Ws
 
「日常を、心地よい非日常-浮世-にいざなう音楽ユニット。2010年より活動開始。2013年アルバム『UQiYO』を発表。 2010年より活動。'13年アルバム『UQiYO』を発表。評判が口コミで広がり、1年後に異例の全国流通。全国レコードショップで相次いで「Album of the Month」を獲得。常に新しい試みを行う姿勢と作風は、国内外で活躍するクリエイターから注目され、様々な共創を形にする。 LIVEはライブハウス以外にも映画館、コワーキングスペース、図書館、寺などで行い、新しい音楽体験を提供している。2015年アルバム『TWiLiGHT』を発表。」

9月27日 【音楽】turu さんのご出演のお知らせ

turuさん

本日はご出演のアーティストのご紹介です。
繊細で暖かい歌をうたわれ、
シンガーソングライターでもあり
アニメーターでもある「turu」さんに
ご出演していいただきます。

<プロフィール紹介>
turu
http://www.turugraphy.com/
「イギリス、ボーンマスにてアニメーションを作る傍らギターを購入し作曲を始める。シンガーソングアニメーターと名乗り自作のアニメーションと歌を融合させるパフォーマンスもする。近年では「be ポンキッキーズ」にて音楽パペット劇「ボリオ」「ガーとムー」やEテレ「子供のための哲学 Q」で歌を担当するなど活躍の場を広げている。形態にこだわらず、様々な形で生み出すその音楽はポップでありながら味わい深い。」


※Youtubeの公式動画 
https://www.youtube.com/watch?v=FLmOyxzi8N8

9月15日 今年も当日ボランティアの募集を行います!

私たちは当日ボランティアを募集しています!
キャンドルホルダーを並べて点灯する活動です。
この並べる活動が毎回参加者の皆様から「とても楽しかった」
と喜んでいただいておりましたので
今年もこのボランティアを募集します!

ボランティア募集ページはこちら ↓↓↓
http://tamagawa-candle-night.amsstudio.jp/volunteer2015.html
 

9月12日 KAME CANDLE さんの出展のお知らせ

第6回カメキャンドルさん紹介
昨年12月、二子玉川TIN HOUSEさんにて
開催した「灯まつり」でご一緒したKAME CANDLEさんに
今回もご出展いただきます!

数々のフェスでキャンドルを灯す
新進気鋭のキャンドル作家のKAMEさん。
今回は広い野外ということで、
前回とはまた違った素敵な光景を
見せていただけると思います!

【Candke】カメヤマキャンドルハウスさんのご協力のお知らせ

カメヤマキャンドルハウス

 多摩川キャンドルでは1000〜1500個のキャンドルを配置しますが、キャンドルホルダーに関しましては第4・5回と同様に日本最大のキャンドルメーカーであるカメヤマキャンドルハウスさんにアウトドアカップをご協力していただきます。風対策用のオプションもお借りします。

 思えば多摩川キャンドル第3回のとき、私たちはみんなで手作りで作ったペットボトルのキャンドルホルダーにティーキャンドルを設置した形で火を灯していました。ですが、強風がひとたび吹けば1000個のキャンドル中半分以上が一気に消えてしまうような状況で、何回キャンドルを付け直したか分からないほど点灯作業に追われたことがありました。
 それ以降カメヤマキャンドルハウスさんにアウトドアカップをご協力していただくようになり、私たちは第4回そして石巻出張とイベントを実施していくわけですが、印象深かったの私たちがボランティアチーム「ともに」さんと一緒に石巻にキャンドルのイベントを実施しにいったときのことでした。
 2013年3月9日、石巻の空は快晴でしたがものすごい強風が吹いていました。それはとても苦労した第3回よりも激しい風でした。正直、第3回のときの苦い思い出が心をよぎります。こんな風できちんとキャンドルスケープがお届けできるのか?また着け直しの作業で四苦八苦するんだろうか? いや、点灯の時間帯には風は止んでくれるかもしれない…そんなことを考えながら準備作業を進めていきます。ですが、そんな心配は無用だったほど私たちは風除け対策が施されたカップの素晴らしさを目の当たりにしました。
 協力いただいたカメヤマキャンドルハウスさんのアウトドアカップは強風が何度も何度も吹いても本当に灯が消えにくく、そのゆらめきを保っています。え?こんなにすごい風なのに?と本当にびっくりしたのを覚えています。これ以降より一層の感謝を示しながらご協力のお願いをさせていただくと同時に、私たちも借りてばかりでなくアウトドアカップを少しずつ購入するようになりました。
 11月7日、天気さえ保てば、ティーキャンドルにおけるキャンドルスケープはできるかぎりご提供できるように励みたいと思っています。どうぞよろしくお願いします。

9月10日 イベントの実施場所のお知らせ

第6回、地図と芝生
第6回ではイベントの実施場所が右の地図の赤い斜線部分となります。

和泉多摩川駅から小田急線の両脇に走る小道を
まっすぐ南側に歩いてきていただければ多摩川に出ます。
多摩川に出ると向かって右側にキャンドルスケープが広がります。
  • Facebookロゴ
  • 第1回バナー(1)
  • 第2回バナー(1)
  • 第3回バナー(2)
  • 第4回バナー(2)
  • 石巻トップバナー
  • 第5回バナー
  • 灯まつりバナー