多摩川キャンドルナイト 灯と人

小田急線「和泉多摩川」 多摩川敷に作り出すキャンドルスケープ。人と人が繋がる思いを届けるイベント

イラスト5_グリーン

HOME ≫ キャンドルホルダー ≫

多摩川キャンドルナイト灯と人 で使用する
キャンドルホルダーについて

1.カメヤマキャンドルハウスさんから
  レンタルしたキャンドルホルダーについて(第4回)

石巻(1)

風対策用に設計されたリングも特徴のホルダーセットをレンタル

カメヤマホルダーのリングについて(2)
第3回は強風に合い、手作りのキャンドルホルダーでは
1300個用意したキャンドルをすべて灯し続けることが
困難な状況になってしまいました。それを受けまして
第4回・石巻への出張ではカメヤマキャンドルハウスさんから
キャンドルホルダーをレンタルさせていただくことになりました。


通常のキャンドルホルダーの他に
キャンドルの上部に取り付ける金属リング(オプション)も
強風対策のためにお借り致します

2013年3月9日に石巻市の石ノ森記念館前で
実施させていただいた際も、たいへんな強風に見舞われましたが
リングを装着したキャンドルホルダーの中の火は
消えることなく灯り続け、3時間しっかりと配置デザイン
表現できることができまし

第5回以降もご協力のお願いができればと思っております。





2.手作りのキャンドルホルダーについて

キャンドルホルダーづくり(1)A
第1〜3回の多摩川キャンドルナイトは手作りにこだわり、ペットボトルを使ったキャンドルホルダーを使ってまり増した。第4・5回以降もペットボトルで作成したキャンドルホルダーを300〜500個ほど使用します。とくに堤防付近から会場までの誘導ライトとして設置するLEDキャンドルのホルダーにも使用して行きます。


◆ 多摩川キャンドルナイト灯と人が出発した当初、
キャンドルナイトがしたいというだけで集まった素人集団でしたので

市販のキャンドルホルダーを用意する予算がありませんでした。

そこで使用済みのペットボトルを利用し 簡易キャンドルホルダーの作り

第1回目も1000個ほど多摩川にならべてることになりました。

 

ペットボトルを下記のような手順で作っています。

 

①ハサミで切って、 

②上部を逆さにして、 

③セロハンテープで貼り付けて 

④小さな穴をハサミの先端でグリグリとやって開けて、完成。 

 
キャンドルホルダーづくり(1)B
キャンドルホルダーづくり(1)C



基本的には上の1~5のポイントがすべてですが、コツとしては

 

・上に来る部分を長くして、上を被せず穴を開けないようにします。 

・水を流し込んで、そこにキャンドルを浮かべます。 

・水を入れることでペットまるごと燃えたりする危険性がかなり低くなります。 

 

また、よく受ける質問としましては、


 

◆ペットボトルを横に真っ二つに切る時、まずどの辺りから切ればいいか 

→ 真ん中から1~2cm下くらいです。 

(なるべく500mlが好ましいのですが、350mlでやるときは真ん中でOK。 

ただ下を切りすぎると失敗します。) 

 

下の図を見ていただいて、わがまま言うと、 

穴の開け方を②でやっていただきたいと思っています。 

 

テープで上下を固定する前に、個々で穴を開けてから 

上下をくっ付ける作業に入ってください。 

セロハンテープの貼り付け方はお任せしますが、 

グラグラしない程度にしっかりくっつけて下さい。 

 

また、第1回目の企画途中に多かった質問として以下のようなものがありました。


 

◆「どんなペットボトルでも良いのか?」 

 

1)なるべく500mlのペットボトルでお願いします。 

1リットル、1.5リットルは、嵩張ります。 

2)500mlと同じ高さでも、「細いペットボトル」は「燃えやすい」ので除外です。 

3)いろはす はOKです。 

柔らかいので、燃えやすいのでは…と予想していたのですが 

先日複数個を使って実験してみましたところ、大丈夫でした。 

燃えるのはホルダーの角度が斜めだったり、 

キャンドルの入れ方が酷い場合です。 


 

◆「牛乳パックのでもペットボトルのでもどっちでも良いのか?」 

 

1)なるべくペットボトルで作ってください。 

理由は時間的効率が圧倒的にペットボトルが良いからです。 

ペットボトルは1つ完成までに5分程度の時間ですが 

牛乳パックは10〜20分の時間が掛かります。 

まず20個、30個とペットボトルで数をつくっていただきまして 

余裕がありましたら牛乳パックでお願いさせてください。 

 

2)気持ち的にはどちらかに統一しきってやりたいという気持ちはありません。 

牛乳パックですと立体的な表現が可能になりますので、 

作るのに時間が掛かりますが、作ったあとの楽しみが多いです。

 

キャンドルホルダーづくり(1)E
キャンドルホルダーづくり(1)F

モバイルサイト

tamagawa-candle-nightスマホサイトQRコード

tamagawa-candle-nightモバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!